経営初心者マークの方が気になる疑問・質問「こんな時どうしたらいいの?」

会社経営など現場に立ってお仕事をされている方は、私たち税の専門家が想像している
こととは違ったことで悩んでいたり、疑問を持たれているということが分かりました。
そこで、実際にいただいた生のご質問にお答えしていくことで、少しでも、
経理業務に関わる方のお悩み解決に役立てばと願っています。ご質問や相談が
ございましたら、お気軽にお問い合わせフォーム、またはお電話でご連絡くださいませ。

赤字が続いても会社を続けてもいい?

09.08.06

【質問】

会社を設立して5期目なのですが、ずっと赤字続きです。 会社を続けていく意欲さえあれば、何年赤字であっても継続できるのでしょうか? それとも、○年連続赤字であれば、事業を継続できないといった決まりなどあるのですか?


【回答】

何年赤字が続いても、会社が営業活動を続けていれば、特に会社を解散する必要はないと思われます。

会社の解散事由としては、
@定款に定めた解散事由が発生した場合(ご質問の会社が定款に5年連続赤字を解散事由にしていれば解散する場合もあるかもしれません。)
A株主総会で会社を解散する決議をする。
B合併・組織変更 
C商法406条の3に基づく解散(株式会社の場合5年以上登記がないと休眠会社として会社の整理が行われ職権で解散登記がされることがあります。この場合法務局から通知があると思います。)
D合名会社・合資会社で、社員が一人になった場合
E合名会社で無限責任社員または有限責任社員のどちらかが全員退社した場合
F商法に基づく解散命令、解散判決が出された場合
G会社の破産

次に、最低資本金規制の特例制度による「確認会社」の場合、設立5年以内に有限会社は300万円、 株式会社は、1000万円に資本金を増資しない場合は解散となります。
会社が継続できなくなる事由は、このようなものがあります。これらの事由でなければ、継続できると思います。 何より赤字経営の脱却のための努力をなさることをお勧めします。

無料相談フォーム 当事務所では、初回のご相談は無料でうけたまわっております。今すぐ、下のご相談フォームからお申込みください。 無料相談をする
遠山一徳税理士事務所ご案内:福岡市西区小戸 営業地域 下記以外の地域の方もお気軽にご相談ください。

福岡市(西区、早良区、城南区、
中央区、南区、博多区、東区)
前原市 古賀市 春日市 
大野城市 志摩町 二丈町
那珂川町 新宮町 久山町
須恵町 宇美町 篠栗町

»個人情報の保護について